牢獄機械文書群

読書日録ふたたび
Lundo 16-a 07:26

発売中の『すばる』5月号で、先月に引き続き「読書日録」を書いています。

第二回は「どのようにして土地を知ることができるか」を焦点に読書の日々を綴りました。


この「読書日録」連載のお仕事は、書き手としても一読者としても、とても有意義でした。読んだ本についてひたすら書き綴るのではなく、それぞれテーマをもって臨んだことで、本を読むこととそのあとで考えることの新たな魅力が少しわかってきた気がします。

本を読んで感じたことと自分の考えとをより近づけて話をする楽しさ、そして創造性を、これからの自分の制作に活かせるよう頑張りたいと思います。


次回は来月6日発売の『すばる』6月号。いよいよ僕の担当は最終回です。

3回とも気合を入れて書きましたので、ぜひ一度、通覧してみてください!

inserted by FC2 system